ぴかむらくがき

ぴかぴか村

ぴかむら流水泳術 Part3.平泳ぎ

ぴかむらです。

 

第3回水泳教室、今回は平泳ぎです!

 

平泳ぎ、苦手な方が多いんじゃないでしょうか?

それもそのはず、4泳法の中で一番難しい泳ぎなんです。

その反面、マスターすれば手のかき方、足の蹴り方などが、いろんな場面で応用できるので、ぜひ覚えてください!

 

それでは始めましょう!

 

【その1:平泳ぎはコンパクトに!】

平泳ぎは大雑把に言えば、下のような動きの繰り返しです。

f:id:pika6ra:20170606185128p:plain

ただ、手足動かし方が特殊なため、間違った泳ぎ方をしてしまう人が多いようです。

 

平泳ぎにおいて、まず頭に入れてほしいことは、コンパクトに泳ぐことです

手も足も思いっきり広げる必要はありません。

なんででしょう?上半身と下半身に分けて見ていきましょう。

 

【その2:上半身の動き】

その1でも書いた通り、平泳ぎはコンパクトでなければいけません。

前に進むためには、前にある水を身体の下に送る必要があります。それにはどういう手の動きが必要か?

動作の流れは以下のような感じです。

 

1.手首や肘で前にある水を丸め込み、逃がさずに体の下へ送り込む

2.かき終わった手を「いただきます」の形に

3.蹴りと同時に前へ突き出す

4.のび~

 

手をかく際、手を広げすぎると次のようなデメリットがあります。

・水が身体の外側に逃げてしまうため、ぜんぜん進めない

・動きが横に広いため、抵抗が大きくなってしまう。

 

f:id:pika6ra:20170606190214p:plain

かく水は身体の広さと同じくらいの範囲で充分。狭く、小さな動きで抵抗を減らしましょう!

 

【その3:下半身の動き】

多くの人がつまずくのが、この動きです。

平泳ぎが苦手な人の大部分は、間違った足の動きで、蹴れない!その上、水を戻してしまっているのです。

 

下半身の動きの流れは次の通りです。

 

1.膝を引きつける。このとき、足首は曲げ、膝より外にあるように!

2.蹴る。引きつけた足の後ろにボールがあるようなイメージで、ボールの外側をなぞる感じを持つといいかも。

3.のび~

f:id:pika6ra:20170606191837p:plain

引きつけるのが膝ではなく、足首だった場合、その動きで後ろにある水を戻してしまっています。(この動きを上手に使えば後ろに下がれるよ!)

さらに、そのままでは膝が充分に引きつけられていないので、蹴る力も弱いです。これじゃ、進むわけないですよね。

 

蹴るときは、上半身のときと同じで狭く!広げすぎるとやはり水が外側へ逃げてしまいます。

 

 

今回は、なんだかダメな例の紹介ばかりになってしまいましたが、これだけ頭に入れてもらえば苦手意識は解消できると思います。

「平泳ぎはコンパクトに!!」

 

次回は背泳ぎです

 

前回

ぴかむら流水泳術 Part2.クロール - ぴかむらくがき

次回

ぴかむら流水泳術 Part4.背泳ぎ - ぴかむらくがき