ぴかむらくがき

ぴかぴか村

ぴかむら流水泳術 Part4.背泳ぎ

こんにちは、ぴかむらです。

4回目、今回は背泳ぎ。

 

背泳ぎは4泳法の中で唯一仰向けになって泳ぐ泳法です。

顔が出ているため、水が怖いという人も、比較的とっつきやすい泳ぎ方かと思います。

 

「背泳ぎならいつ呼吸してもいいから大丈夫!」って?

甘いです。背泳ぎにもちゃーんと呼吸のタイミングがあります。

変なところで吸っちゃうと水飲みますよ~

 

【背泳ぎの形】

頭をどれくらい出すかの目安は、だいたい耳が水に浸かるくらいです。

腰が沈むと体が沈んでいってしまうので、浮かすことを意識。

キックは水中で打ってください。

腕は前に残すよう意識すると体が安定します。

 

 

【体が沈む!?】

Twitterのフォロワーさんからこんな話題をいただきました。

「背泳ぎのときにどうしても足が沈んじゃう・・・」

この方と同じように、下半身が沈んでしまうという悩みを抱えている方は意外に多いようです。

原因は以下のようなものかと思います。

 

1.キックが正常に打てていない

キックを打っていない、もしくは上へ打つキックが下へのそれより強すぎる場合、足は沈みます。下方向へのキックを強めに打つよう意識してみてください。

 

2.腰が沈んでいる

前述したとおり、腰が沈むとお尻からどんどん体が沈んでいきます。そのせいで脚も沈んでしまうのではないでしょうか?

f:id:pika6ra:20170612195002p:plain

背泳ぎの際、前方確認はしっかりしてください。特にほかに人が泳いでいるような一般のプールでは。上の絵のように、頭を水中に入れて、鼻から息を吐くようにすればできます。

背泳ぎに限らず、前方確認を怠る人、譲り合えない人に泳ぐ資格はありません。

背泳ぎ嫌いだからこの辺で許して

 

ぴかむら流水泳術 Part3.平泳ぎ - ぴかむらくがき

ぴかむら流水泳術 Part5.バタフライ - ぴかむらくがき